企業情報

あゆみ製薬企業行動憲章

あゆみ製薬グループ(以下、当グループ)は、「経営理念を実現し、人々がいつまでも自分の足であゆみ続け、活き活きと暮らすことで社会の発展に寄与し続ける」その社会的責任を果たすため、すべての関係法令やルールおよびその精神を遵守しつつ、「高い倫理観」に基づき、以下のとおり行動します。

  1. 日本の医療の未来に貢献するために、顧客に役立ち、かつ社会的に有用な製品・サービス・情報を提供します。

  2. 安全性・有効性に関する科学的に裏付けられた情報や医療経済面における効用に関する情報を的確に提供し、医薬品適正使用の確保に努めます。

  3. 医療関係者や患者様に薬剤の基本情報や副作用等について、丁寧にご案内するとともに、薬物治療についてご相談いただける体制を整えます。

  4. 医療関係者、政治、行政等との健全かつ正常な関係を保ち、公正で自由な競争を通じて、適正な取引を行います。

  5. 企業機密や個人情報の安全管理に関し、不正アクセス、漏洩、滅失および改ざん等を防止するために、組織及び技術面において必要かつ適切な措置を講じます。

  6. ステークホルダーに対する企業の説明責任を果たすために、正確かつ公正さを重視した情報の収集を行うとともに、適切に重要な企業情報を開示して、経営の透明性を高めるよう努めます。

  7. 企業活動と地球環境の調和は経営の必須条件であることを強く認識し、主体的に持続可能な開発目標(SDGs) に取り組みます。

  8. 社員だけでなく、全ての人々の人権・人格・個性及び多様性を尊重するとともに、安全で働きがいのある職場環境の確保に努めます。

  9. 良き企業市民として、製薬メーカーとして、コミュニティに参加し、社会貢献活動を積極的に行います。

  10. 市民生活や企業活動に脅威を与える反社会的勢力および団体との関係遮断を徹底します。

当グループの役員・執行役員は、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、全社員にその徹底を図るとともに、取引先にも促します。また、社内外の声を常時把握し、実効あるガバナンスを構築します。本憲章の精神に反し、社会からの信頼を失うような事態が発生したときには、自らが率先して問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努め、その責任を果たし、信頼を回復します。